opkg更新

PaPeRo i 情報 opkg更新

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #802
    takahashi@spi
    参加者

    opkgにシリアル端末ソフトpicocomを追加しました。
    モデムやシリアル通信を行う様にプログラミングしたArduinoの動作確認に使えます。

    # picocom -b 115200 --omap crlf /dev/ttyUSB0

    の様に起動します(オプションは使用する機器に合わせて指定)。

    screenは起動せず、minicomは起動はするがちゃんと動かず、cuはパッケージが存在せずで
    あきらめかけたのですが、これはちゃんと動きました。

    なおソース入手先はGetSource – OpenWrtの12.09 branch (Attitude Adjustment)です。

    #819
    takahashi@spi
    参加者

    telnet,ssh,picocomなどの対話型ソフトをシェルスクリプトなどから操作するためのユーティリティ
    emptyを追加しました。
    /usr/sbin(Extension/pkgroot/usr/sbin)にインストールされますので必要でしたらPATHを設定してください。

    USBシリアル機器を接続してpicocomで例えばgetxxxというコマンドを送ってレスポンスを取得する
    スクリプトの例です。

    #!/bin/sh
    cd /tmp
    empty -f -i ififo -o ofifo -p pidfile -L logfile \
         picocom -b 115200 --omap crlf /dev/ttyUSB0 > /dev/null 2>&1 &
    sleep 2
    empty -s -o ififo "getxxx\n"
    echo `tail -1 logfile | cut -b4-`
    empty -k `cat pidfile`
    

    普通にシェルから実行する場合にはempty -fのバックグラウンド指定は不要なのに
    シェルスクリプトだと必要な場合があったり、sleepが1だとその後何度リトライしても
    ダメなのに2ならうまく行ったりと、なかなか扱いが難しいですが、pythonなしの環境で
    この様な処理が必要な場合には便利だと思います。

    • この返信は5年、 5ヶ月前にtakahashi@spiが編集しました。
    • この返信は5年、 5ヶ月前にtakahashi@spiが編集しました。
    • この返信は5年、 5ヶ月前に管理者が編集しました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。