opkgでパッケージをインストールできるようになりました

PaPeRo iで採用されているルータ用linuxディストリビューションOpenWRTはopkgというパッケージ管理システムを採用していて、サポートされているターゲットであればyumとかapt-getとかと同様に追加パッケージをインストール出来るようなのですが、残念ながらPaPeRo iはサポートターゲットでは無く、PaPeRo i上にopkgコマンドも、パッケージを公開しているサーバもありません。

しかしログインしてちょっと何かしようとすると、lessで検索が出来なかったり、viでundoが出来なかったりとなかなかにストレスがたまります
(BusyBoxです)。

そこで、わずかではありますが、コンパイルが通ったパッケージを公開します。
ほとんどが2012年頃の古いバージョンで、ちゃんとコンパイルできているか怪しいですが(特にpythonrubyなどは逆にちゃんと動かない機能が確実にあると思いますが)、無いよりマシという場合も多いと思います。

以下の様な構成を前提としていますので必要でしたら修正して使ってください。
/Extension/pkgroot/ : パッケージのルートディレクトリ
/Extension/local/bin/opkg : opkgコマンド
/Extension/local/etc/opkg.conf : opkg設定ファイル
/Extension/local/etc/sh.profile : 環境変数設定
/Extension/local/etc/sh.rc : alias
 ダウンロードページはこちら(ダウンロードの為にはログインが必要です)

手順は以下の通りです。(但し事前にPaPeRo iからインターネットに接続できる様にしておく必要があります。2018/10/25追記)

# source /Extension/local/etc/sh.profile
# source /Extension/local/etc/sh.rc
# opkg update
# opkg install bash
# opkg install less
# opkg install vim

他にどんなパッケージがあるかは

# opkg list

インストール済みパッケージ一覧は

# opkg list-installed

削除は

# opkg remove PACKAGENAME

といった具合です。
なおpython3が特にそうなのですが、サイズが大きいせいかインストール中にPaPeRo iがリブートしてしまうことがあるようです。
その場合、表示を見て依存パッケージを先に手でインストールしておくとか、最悪の場合opkgコマンドではなくipkファイルを個別にダウンロードし(普通に出来ます)、tar xvfでばらして(出来ます)、展開する方法もお試しください。

  • パッケージ一覧:
    • bash
    • byacc
    • bzip2
    • cal
    • coreutils
    • coreutils-base64
    • coreutils-basename
    • coreutils-cat
    • coreutils-chcon
    • coreutils-chgrp
    • coreutils-chmod
    • coreutils-chown
    • coreutils-chroot
    • coreutils-cksum
    • coreutils-comm
    • coreutils-cp
    • coreutils-csplit
    • coreutils-cut
    • coreutils-date
    • coreutils-dd
    • coreutils-dir
    • coreutils-dircolors
    • coreutils-dirname
    • coreutils-du
    • coreutils-echo
    • coreutils-env
    • coreutils-expand
    • coreutils-expr
    • coreutils-factor
    • coreutils-false
    • coreutils-fmt
    • coreutils-fold
    • coreutils-groups
    • coreutils-head
    • coreutils-hostid
    • coreutils-id
    • coreutils-install
    • coreutils-join
    • coreutils-kill
    • coreutils-link
    • coreutils-ln
    • coreutils-logname
    • coreutils-ls
    • coreutils-md5sum
    • coreutils-mkdir
    • coreutils-mkfifo
    • coreutils-mknod
    • coreutils-mktemp
    • coreutils-mv
    • coreutils-nice
    • coreutils-nl
    • coreutils-nohup
    • coreutils-nproc
    • coreutils-od
    • coreutils-paste
    • coreutils-pathchk
    • coreutils-pinky
    • coreutils-pr
    • coreutils-printenv
    • coreutils-printf
    • coreutils-ptx
    • coreutils-pwd
    • coreutils-readlink
    • coreutils-realpath
    • coreutils-rm
    • coreutils-rmdir
    • coreutils-runcon
    • coreutils-seq
    • coreutils-sha1sum
    • coreutils-sha224sum
    • coreutils-sha256sum
    • coreutils-sha384sum
    • coreutils-sha512sum
    • coreutils-shred
    • coreutils-shuf
    • coreutils-sleep
    • coreutils-sort
    • coreutils-split
    • coreutils-stat
    • coreutils-stdbuf
    • coreutils-stty
    • coreutils-sum
    • coreutils-sync
    • coreutils-tac
    • coreutils-tail
    • coreutils-tee
    • coreutils-test
    • coreutils-timeout
    • coreutils-touch
    • coreutils-tr
    • coreutils-true
    • coreutils-truncate
    • coreutils-tsort
    • coreutils-tty
    • coreutils-uname
    • coreutils-unexpand
    • coreutils-uniq
    • coreutils-unlink
    • coreutils-uptime
    • coreutils-users
    • coreutils-vdir
    • coreutils-wc
    • coreutils-who
    • coreutils-whoami
    • coreutils-yes
    • diffutils
    • empty
    • erlang
    • fdisk
    • findfs
    • flock
    • gdb
    • gdbserver
    • getopt
    • git
    • hwclock
    • less
    • logger
    • look
    • lua
    • make
    • mcookie
    • mercurial
    • mosquitto
    • mosquitto-client
    • mount-utils
    • namei
    • patch
    • perf
    • perl
    • picocom
    • python
    • python3
    • rename
    • rsync
    • ruby
    • script-utils
    • sed
    • sfdisk
    • sqlite3-cli
    • strace
    • swap-utils
    • tar
    • tcl
    • terminfo
    • trace-cmd
    • unzip
    • vim
    • wall
    • whereis
    • xxd
    • xz
    • zip

※シリアル端末ソフトpicocomを追加しました。(2016/6/16)
telnet,ssh,picocomなどの対話型ソフトをシェルスクリプトなどから操作するためのユーティリティemptyを追加しました(2016/6/17)

※ソース入手先について(2016/6/16)
ほとんどのパッケージのソースの入手先はGetSource – OpenWrtの12.09 branch (Attitude Adjustment)です。
例外:

  • python3.4 : Raspberry Pi(RASPBIAN JESSIE)でapt-get source python3したもの(3.4.2-1)を使用しました。
  • gdb/gdbserver : 7.3-2011.08 : Linaro GDB – Launchpadにあるgdb-linaro-7.3-2011.08.tar.bz2を使用しました。