PaPeRo i 制御用WebSocket通信アドオンシナリオv0.0.4

158 Downloads

PaPeRo i をWebSocket通信により制御するためのアドオンシナリオです。
PaPeRo i 上で動作し、WebSocket通信により制御コマンドを受け取り、そのコマンドに従ってPaPeRo i を動作させます。
この版は加速度センサーは使えません。加速度センサーを使いたい場合、Ver0.0.4aをご使用下さい。

更新履歴:
0.0.4 2017/10/31 クライアントから切断されたsocketに
         対する送信が発生するとプロセス終了
         してしまう不具合修正

0.0.3 2016/11/04 イベントメッセージのメモリリーク
         不具合修正

0.0.2 2016/9/13 SDK_1.0.14_rev3にて再ビルド
         ファイル名をsce_00000012.so.1.0.0
         から
         sce_00010012.so.1.0.0に変更

0.0.1 2016/8/25 データ受信区切りがwebsocketフレーム
        途中だと通信不能になる不具合修正
        ws4py 0.3.5との組み合わせでは接続で
        きなかった不具合修正(base64)
        tornado websocket clientと接続可能に
        する修正
        (tornadoのヘッダの大文字小文字間違い)

0.0.0 2016/5/25 初版


0